2017年9月25日月曜日

サヴァリッシュ&ウィーン響のブラームス:交響曲第2・4番(1959・63年録音)

ドイツの指揮者
ヴォルフガング・サヴァリッシュ
(Wolfgang Sawallisch, 1923年8月- 2013年2月)の指揮する
ウィーン交響楽団の演奏で、

ドイツの作曲家
ヨハネス・ブラームス
(Johannes Brahms, 1833年5月 - 1897年4月)の
交響曲第2・4番を聴きました。

指揮者35歳(1959年1月)、39歳(63年2月)の時の録音です


サヴァリッシュの芸術
(PHILIPSレコーディングズ)CD4

ブラームス
①交響曲第2番ニ長調 Op.73
②交響曲第4番ホ短調 Op.98

ウィーン交響楽団
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)
録音:1959年1月 (①), 1963年2月 (②), Austria

【DECCA 0289 480 7707 6】※2013年5月発売


①交響曲第2番ニ長調 Op.73 は、

第1番初演の翌年、
ブラームス44歳の夏に作曲され(1877年)、
その年の12月に初演されました。

その後の大曲の初演年月
1879年 1月 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
1881年11月 ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83
1883年12月 交響曲第3番 ヘ長調 作品90

②交響曲第4番ホ短調 Op.98 は、

ブラームス52歳の時(1885年10月)に初演されました。


  ***

第1・3番を聴いた時と同じ、
好調さを維持した名演でした。

ほんの少し速めのテンポで、
ぐいぐい引っ張っていく勢いのある演奏。

速めではありますが、
ブラームスらしい重心の低い
渋めの音色は保たれているので、
曲全体の構成を見失うことなく、
感動しながら最後まで聴き進めることができました。

聴く前は、
若さが出るのではと心配していた第4番も、
しみじみとした第2楽章の歌わせ方が絶品で、
 石丸寛&九州交響楽団
を聴いて以来の感動を味わいました。

でもより優れていたのは第2番で、
これまで聴いてきた誰よりも、
たっぷり朗々とオケを鳴らし切っていて、

それでいて押し付けがましくなく、
全曲が自然につながりあっている所が素晴らしく、

第2番って、こんなに良い曲だったんだなと、
感動を新たにしました。


  ***

この全集、
ブラームスの若々しい魅力に溢れた
新鮮な印象の名演ぞろいなので、
どなたにもぜひお薦めしたいCDです。

難点があるとすれば、
ウィーン交響楽団のオケの響きが、
ウィーン・フィルやベルリン・フィルのような、
個々に鳴りっぷりの良い、

聴いて直ちに心を奪われるような、
ゴージャスな音ではないことでしょうか。

少しくぐもった感じの渋い音色で、
オケ全体としてブラームスにふさわしい
味のある響きを作り出しているので、

聴き込むほどに
納得できるいい音が鳴っているのですが、
最初は少し地味な印象を受けるかもしれません。

2017年9月18日月曜日

サヴァリッシュ&ウィーン響のブラームス:ドイツ・レクイエム(1962年録音)

ドイツの指揮者
ヴォルフガング・サヴァリッシュ
(Wolfgang Sawallisch, 1923年8月- 2013年2月)の指揮する
ウィーン交響楽団の演奏で、

ドイツの作曲家
ヨハネス・ブラームス
(Johannes Brahms, 1833年5月 - 1897年4月)の
ドイツ・レクイエムを聴きました。

指揮者38歳の時(1962年2月)の録音です


サヴァリッシュの芸術
(PHILIPSレコーディングズ)CD1

ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45

ウィーン交響楽団
ヴィルマ・リップ(ソプラノ)
フランツ・クラス(バリトン)
ウィーン楽友協会合唱団
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)
録音:1962年2月, Vienna
【DECCA 0289 480 7707 6】※2013年5月発売

ドイツ・レクイエム Op.45 は、
ブラームス35歳の時(1869年2月)に全曲初演された作品です


  ***

ドイツ・レクイエムは好きな曲ですが、
期待が大きすぎるのか、
CDで納得できる演奏には
なかなか出会えません。

今回のサヴァリッシュさんの演奏、
それほど期待していなかったのですが、
これまで聴いてきたどの演奏よりも、

ほんの少し速めのテンポで、
楽章ごとの構成をはっきり描き分けながら、
全体を見通しよくまとめ上げていて、
初めて、この大曲の真価をわかった気がしました。

見通しの良さに加えて、
楽譜の枠内で、目一杯燃焼していくスタイルで、
若きブラームスの情熱を感じさせる、
勢いのある演奏でした。

初めて聴く方にもお薦めしたい1枚です。

調べてみると、
サヴァリッシュさんは59歳の時(1983年3月)に、
この曲を再録音しているので、
いずれそちらの方も聴いてみたいと思います。

2017年9月11日月曜日

サヴァリッシュ&ウィーン響のブラームス:交響曲第1・3番(1961・62年録音)

ドイツの指揮者
ヴォルフガング・サヴァリッシュ
(Wolfgang Sawallisch, 1923年8月- 2013年2月)の指揮する
ウィーン交響楽団の演奏で、

ドイツの作曲家
ヨハネス・ブラームス
(Johannes Brahms, 1833年5月 - 1897年4月)の
交響曲第1・3番を聴きました。

指揮者37歳(1961年1月)、39歳(62年12月)の時の録音です


サヴァリッシュの芸術
(PHILIPSレコーディングズ)CD3

ブラームス
①交響曲第1番ハ長調 Op.68
②交響曲第3番ヘ長調 Op.90

ウィーン交響楽団
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮)
録音:1962年12月 (①), 1961年1月 (②), Austria

【DECCA 0289 480 7707 6】※2013年5月発売


①交響曲第1番ハ長調 Op.68
ブラームス43歳の時(1976年11月)に、

②交響曲第3番ヘ長調 Op.90
50歳の時(1883年12)に初演されました。


   ***

サヴァリッシュさんの真価に気がついたのは、
シュターツカペレ・ドレスデンと録音した
シューマンの交響曲全集を聴いてからです。

※指揮者49歳の時(1972年9月)の録音。

他にもこのレベルの録音があるのなら
聴いてみたいと思っていたところ、

若いころのPHILLIPSへの
録音集(CD14枚組の選集)が、
格安(1,500円程)で手に入りましたので、
面白そうなものから聴いていこうと思います。

はじめはサヴァリッシュが
35歳から39歳(1959年1月-1963年2月)まで
4年かけて録音したブラームスの交響曲全集と、
ドイツ・レクイエム、管弦楽曲集を集めた4枚からの1枚です。


  ***

第1番、第3番ともに、

ほんの少し速めのテンポと、
メリハリのクッキリとした堅めの音色で、
全体の見通しよく、ぐいぐい前に進んでいく演奏で、
予想以上の好演でした。

若々しい勢いがあるからといって、
変な軽さを感じるわけではなく、
ブラームスらしい重心の低い響きに満ちた、
完成度の演奏だと思いました。

テンポもせかせかしているわけではなく、
全体像を把握しやすい一番穏当なテンポを選んでいるようで、

こんな曲だったのかと、
今更ながらの新鮮な感動を味わえました。

サヴァリッシュ&ウィーン響のブラ1&ブラ3は、
重々しすぎてブラームスは苦手だと思う人にもお薦めしたい
若々しい魅了のある1枚だと思います。


音質は、最近の録音とは違った
少し古びた感じの独特な響きがします。

ブラームスにはもってこいともいえますが、
のちのシューマンと比べるなら、
一つ下に置かざるをえない音質だと思います。