2017年12月11日月曜日

名古屋市美術館の「ランス美術館展」

去る12月3日(日)、
名古屋市中区栄にある名古屋市美術館まで、

「ランス美術館展」

を観に行って来ました。

「会期:平成29年10月7日(土)
       ~12月3日(日)
 会場:名古屋市美術館
 主催:名古屋市美術館、中日新聞社」

全国7箇所で展示され、
名古屋はそのうち最後の会場となっていました。

 ①熊本県立美術館(28年7月~9月)
 ②静岡市美術館(28年9月~10月)
 ③福井県立美術館(28年11月~12月)
 ④公益財団法人 ひろしま美術館(29年2月~3月)
 ⑤東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(29年4月~6月)
 ⑥山口県立美術館(29年7月~8月)

ランス美術館について図録のごあいさつによると、

「フランス北東部のシャンパーニュ地方に位置する
 ランス市は、歴代のフランス国王が戴冠式を行ってきた
 大聖堂を擁する歴史ある古都です。

 その中心街に建つランス美術館
 フランス革命期の18世紀末に起源を持ち、
 中世美術から現代美術まで幅広い所蔵品を有する
 フランス絵画の宝庫として世界的に知られています。

 ランス市では1790年代初頭からコレクションが始まり、
 市庁舎のなかで定期的に公開されてきました。

 そして今から1世紀前の1913年10月
 中世のサン=ドニ修道院の遺稿を改築した
 新美術館として開館し、その由緒ある佇まいは
 珠玉のコレクションとともにフランスの人々に愛されています。」

とありました。(※改行はブログ編者による)
全体の構成は、

 1. 国王たちの時代
 2. 近代の幕開けを告げる革命の中から
 3. モデルニテをめぐって
 4. フジタ、ランスの特別コレクション

という4章構成で、
ランス美術館所蔵の60余点の作品が展示されていました。


  ***

一つの美術館の所蔵品だけで構成されているので、
全体としては雑然とした印象が残りました。

個人的には、
印象画が好きなので、
次の5点の風景画に感銘を受けました。


2. 近代の幕開けを告げる革命の中から

22
カミーユ・コロー
(Camille Corot、1796年7月-1875年2月)
「川辺の木陰で読む女」
 1865~70年。油彩、カンヴァス。

29
ウジェーヌ・ブーダン
(Eugène Boudin, 1824年7月-1898年8月)
「ダンケルク周辺の農家の一角」
 1889年。油彩、カンヴァス。

コローもブーダンも印象派に入る前段階で、
絵を観始めたころはそれほど良いとは思わなかったのですが、

最近は写実的な中にどこか鄙びた印象があって、
観るたびに惹きつけられることが多いです。


3. モデルニテをめぐって

31
アルフレッド・シスレー
(Alfred Sisley, 1839年10月-1899年1月)
「カーディフの停泊地」
 1897年。油彩、カンヴァス。

33
ジャン=フランソワ・ラファエリ
(Jean-François Raffaëlli, 1850年4月-1924年2月)
「シャンゼリゼ」
 1902年。油彩、カンヴァス。

39
ルイ・パヴィオ
(Louis Paviot, 1872-1943)
「トルニテ広場」
 1900年。油彩、カンヴァス。


シスレーは個人的に大好きな画家なので、
何でも観られるだけで嬉しいのですが、
この31は、彼ならではの雰囲気のある良品でした。

ラファエリとパヴィオは、
ほかの作品を全然知らないのですが、
33と39については近くに置いて飾りたい、
素敵な作品だと思いました。

ただこの3点、
図録では実物の魅力が
1、2割しか伝わっていません。

実物でみるととても良い絵でした。

2017年11月12日日曜日

愛知県美術館の「開館25周年記念 長沢芦雪展」

去る11月3日(金)、
名古屋市東区にある愛知県美術館まで、

「開館25周年記念
 長沢芦雪展
 京のエンターテイナー」

を観に行って来ました。

「会期:平成29年10月 6日(金)
       ~11月19日(日)
 会場:愛知県美術館
 主催:愛知県美術館、中日新聞社、日本経済新聞社、テレビ愛知」

図録のあいさつをみると、

「江戸時代半ば、十八世紀の京都では、
 経済力を蓄え美意識を高めた町人たちに支えられて、

 池大雅や与謝蕪村、円山応挙
 伊藤若冲、曾我蕭白といった画家たちが活躍し、
 百花繚乱の相を呈していました。」

という書き出しで(※改行はブログ編者による)

2013年に愛知県美術館で、
「円山応挙展―江戸時代絵画 真の実力者」
を開催したことを踏まえて、

これに続く企画として、
応挙の弟子である長澤芦雪(ながさわろせつ)
取り上げられたそうです。

長澤芦雪(1754-1799)は
 応挙の門下で若くして高い画力を身につけ、
 さらに大胆奇妙な発想によって個性を発揮しました。

 芦雪は人を驚かせ楽しませようとするサービス精神に富み、
 今日では若冲や蕭白と並んで「奇想」の画家と称されて」

いるそうです(※改行はブログ編者による)

全体の構成
 第1章 氷中の魚:応挙門下に龍の片鱗を現す
 第2章 大海を得た魚:南紀で筆を揮う
 第3章 芦雪の気質と奇質
 第4章 充実と円熟:寛政前・中期
 第5章 画境の深化:寛政後期
にしたがって、
それぞれ個人的に感銘を受けた作品を整理しておきます。


  ***

第1章 氷中の魚:応挙門下に龍の片鱗を現す
からは、

13「花鳥図」1幅
 ※天明前期(1781-85)頃

14「躑躅群雀図」1幅
 ※天明年間(1781-89)

の精緻さと素朴さが同居する
温かみのある作品に感銘を受けました。

あと少し奇抜さに流れてはいるものの、

19「牛図」1幅
 ※天明6年(1786)以前または寛政前期

の力感あふれる黒牛も心に残りました。


なお、興味深かったのは
応挙と芦雪の同じテーマの作品を並べて展示してあったことです。

8「牡丹孔雀図」1幅〔円山応挙作〕
 ※安永3年(1774)

9「牡丹孔雀図」1幅
 ※天明前期(1781-85)頃

9だけを観たらそれで十分に美しいのですが、
ほぼ同じ構図の8を並べられると、
師匠である応挙のほうが、
作品から強い緊張感が伝わって来て、
応挙の画家としての技量の確かさを感じさせていました。

同じことは

33「双鹿図屏風」2曲1双〔円山応挙作〕
 ※天明3年(1783)
34「双鹿図」1幅
 ※寛政4年(1792)頃

37「狗之子図」1幅〔円山応挙作〕
 ※安永年間(1772-81)
36「狗児図」1幅
 ※寛政前期(1789-93)
38「薔薇蝶狗子図」
 ※寛政後期(1794-99)頃

でも言えていて、
芦雪の絵だけをみれば、
それでまずまず満足できるのですが、

応挙と比べてしまうと、
芦雪にはどこか散漫な印象があって、
どうもぴりっとしない、
弛緩したところのある作品のように感じました。


第2章 大海を得た魚:南紀で筆を揮う
は、

この展示の目玉でもある
無量寺の襖絵に感銘を受けました。

21「龍図襖」6面
22「虎図襖」6面
23「薔薇に鶏・猫襖」8面
24「唐子遊図襖」8面
 ※天明6年(1786)

圧倒的なのは
21・22の龍虎図ですが、
両脇を包むように配置される
23・24と合わせて観ると、
より感慨深いものがありました。

 ただ23・24はこれだけ取り上げられるなら、
 そこまで強い印象は残らなかったかもしれません。

21-24に匹敵するのが
高山寺の2点、

31「寒山拾得図」1幅
32「朝顔に蛙図襖」6面
 ※天明7年(1787)

で、特に31から受ける大迫力は、
21・22をしのいでいるようにすら思えました。

32もバランス感覚に優れた見事な作品ですが、
感動にはあと一歩足りないように感じました。


第3章 芦雪の気質と奇質
では、

35「酔虎図」1幅
 ※天明7年(1787)

の猫っぽい少しいい加減な感じの虎に愛着がわきました。
感動とは違いますが、憎めない好きな絵でした。


さてこの後、
第4章 充実と円熟:寛政前・中期
第5章 画境の深化:寛政後期
と続くのですが、

個人的にはどうしても、あと一歩、
絵から受ける印象に緊張感を欠き、
深い感銘を受けるには至りませんでした。

「充実」「円熟」「深化」とはありますが、
私には中だるみの弛緩した印象を受けました。

芸術家としてはまだこれからといえる
45歳で亡くなっているので、
大成する時間的な猶予がなかったのかもしれません。

今回の展示で、
芦雪の二、三十代の作品の中に、
飛び切り優れたものがあることを発見できました。

2017年10月16日月曜日

バローグ&ダニュビウス四重奏団のモーツァルト:クラリネット五重奏曲(1991年録音)

NAXOSの旧録音を
AVEXから廉価で再販しているシリーズから、

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月-1791年12月)の
クラリネット五重奏曲 イ長調 K581 と、
クラリネット三重奏曲 変ホ長調 K498 を聴きました。

K.498 はモーツァルト30歳(1786年8月5日
K.581 は 33歳(1789年9月29日)の時の作品です


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
①クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581

 ヨージェフ・バローグ(クラリネット)
 ダニュビウス四重奏曲
 録音:1991年9月23-25日、ブラペスト、ユニタリアン教会

②クラリネット三重奏曲 変ホ長調 K.498
 《ケーゲルシュタット・トリオ》

 ベーラ・コヴァーチ(クラリネット)
 イエネ・ヤンドー(ピアノ)
 ジェルジ・コンラート(ヴィオラ)
 録音:1991年9月16日、ブダペスト、ユニタリアン教会
【AVCL-25682】2007年12月発売

①は、
ハンガリー生まれのクラリネット奏者
ヨージェフ・バローグ(József Balogh, 1956年- )と、

1983年にハンガリーで結成された
ダニュビウス四重奏団(Danubius Quartet)による演奏。

②は、
ハンガリー生まれのクラリネット奏者
ベーラ・コヴァーチ(Bela Kovacs, 1937年5月1日- )と、

ハンガリー生まれのピアニスト
イェネー・ヤンドー(Jenő Jandó, 1952年2月1日 - )と、

1846年にハンガリーで結成された
タートライ四重奏団(Tátrai Quartet)のヴィオラ奏者
ジェルジ・コンラート(György Konrád)による演奏です。


  ***

どちらも小さめのホールで聴いているような、
響きそのものを楽しめる美しい録音で、

特別なことをしないオーソドックスなスタイルで、
どんな曲なのかが良くわかるように演奏されていました。


どちらかといえば①の方が、
角の立たない流麗な演奏で、

じっくり聴かないと、
心に入って来にくいところがあるように感じましたが、

さらさら流れていくだけの演奏ではないので、
繰り返し聴き込むうちに魅力が増してきて、
かなり満足できる演奏となりました。


②は①よりはっきりくっきりした
押しの強い演奏で、

本来はもう少し
枯れた感じが必要なようにも思われましたが、

無駄なく曲の内面に切り込んでいるので、
曲本来の魅力を知るためには、
最適な演奏でした。