2018年3月4日日曜日

バリリ四重奏団のベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集その1(1952-56年録音)

ウィーン・フィルの第1コンサートマスターを務めた
ウィーン生まれのヴァイオリニスト
ワルター・バリリ(Walter Barylli, 1921年6月~)が、
1945年に、ウィーン・フィルの同僚たちとともに結成した
バリリ四重奏団の演奏で、

結成7年目から11年目
(1952-56年)にかけて録音された
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(Ludwig van Beethoven, 1770年12月-1827年3月)
弦楽四重奏曲全集を聴いていきます。

まずは1枚目、
ベートーヴェン27歳の時(1798年7月)に出版された
作品18の3曲(第1・2・3番)を収めた1枚を聴きました。


バリリ四重奏団の芸術~
Disc1
ベートーヴェン:
①弦楽四重奏曲第1番ヘ長調 Op.18-1
②弦楽四重奏曲第2番ト長調 Op.18-2
③弦楽四重奏曲第3番ニ長調 Op.18-3

バリリ四重奏団
 ヴァルター・バリリ(第1ヴァイオリン)
 オットー・シュトラッサー(第2ヴァイオリン)
 ルドルフ・シュトレンク(ヴィオラ)
 リヒャルト・クロチャック(チェロ)

録音:1953年(①②)、1952年(③)。
   ウィーン、コンツェルトハウス、モーツァルトザール
【SCRIBENDUM SC805】2016年7月発売

バリリ四重奏団による
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集は、
定評のある名盤ですので
昔から聴いてみたかった録音ですが、

廉価ではまず手に入らなかったので、
これまでほとんど聴く機会がありませんでした。

今回は総額2000円ほどで手に入りました。

これ以前に、
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は、
スメタナ四重奏団1976年から85年にかけて
録音した全集を聴いているので、
今回はそちらと比べながら聴き進めることにしました。



  ***

バリリ四重奏団は、
第1ヴァイオリンがアンサンブルを主導するタイプの、
メロディーラインがはっきりくっきりと浮かび上がる
誰にもわかりやすい演奏で、

この最初の3曲がもつ瑞々しく快活な美しさを、
うまく引き出しているように感じました。

スメタナ四重奏団のほうを聴き直してみると、
第1ヴァイオリンがそこまで前に出ない、
すべてのパートが均等に鳴り響く
調和の取れた演奏で、

これはこれで悪くはないのですが、
バリリを聴いた後だと、多少物足りない思いが残ったことも確かです。

この2つだけ比べるなら、
明らかにバリリのほうが上ですが、
他の四重奏団による録音をほとんど聴いていないので、

他を圧倒しているのかどうかは、
まだ何ともいえません。

初めて聴いて、
一気に心を奪われるかというと、
そこまで別格の何かを備えているようにも思われませんが、

曲本来の魅力を十分に引き出した
好演の一つであることは疑いないでしょう。

とりあえずかなり聴き込んだので、
次の1枚に進みたいと思います。

2018年2月12日月曜日

コンヴィチュニー&ゲヴァントハウス管のベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》(1959年録音)

朝比奈隆&大阪フィルの
ベートーヴェンに合わせて、

チェコのモラヴィア生まれの指揮者
フランツ・コンヴィチュニー
(Franz Konwitschny,1901年8月14日-62年7月28日)が、
59・60歳の時(1959年6月~61年8月)に

ドイツのオーケストラ
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
(Gewandhausorchester Leipzig)と録音した

ドイツの作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(Ludwig van Beethoven, 1770年12月-1827年3月)
交響曲全集を聴いていきます。

今回は第3番《英雄》を収めた1枚です。


ベートーヴェン:交響曲全集~
Disc2
① 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』
②《レオノーレ》序曲第1番 Op.138
③《レオノーレ》序曲第2番 Op.72a

フランツ・コンヴィチュニー(指揮)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

録音:1960年3月1-15日(①)、1959-61年(②③)
【Berlin Classics 0300926BC】2017年5月発売
 ※録音月日の情報は、CD付属の解説文を参照しました。
  交響曲については全9曲明記されていますが、
  序曲は一部をのぞいて月日の情報は明らかにされていません。


交響曲第3番は、
ベートーヴェン34歳の時(1805年4月)に
公開初演されました。


少し速めのテンポで、
全体の見通しよく一気に駆け抜けた演奏。

《英雄》は大曲ゆえか、
聴いていて全体の構成がよくわからなくなることも多いのですが、

スッキリとした見通しの良い解釈で聴かせてくれるので、
全体が程良いバランスに整理されていて、

集中を切らさずに、
最後まで聴き通すことができました。

個人的には、
崩れるギリギリの所までテンポを落として、
その先にある何かを示そうとした
朝比奈のスケールの大きな演奏のほうにこそ、
より大きな魅力を感じるのも確かですが、

取っつきやすさ、
わかりやすさで選ぶなら、
コンヴィチュニーのほうが、
朝比奈より上だと思いました。


コンヴィチュニー&ゲヴァントハウス管の響きは、
マズア&ゲヴァントハウス管のそれを多少渋めにしているものの、

マズアのときに聴きなじんでいた
明るく清新な軽めのオケの響きと、
本質的にはそれほど変わらないように感じました。

朝比奈隆&大阪フィルのほうが、
はるかに無骨で豪快な演奏を繰り広げていたのは、
意外な印象でした。

2018年2月5日月曜日

コンヴィチュニー&ゲヴァントハウス管のベートーヴェン:交響曲第1・2番(1959年録音)

朝比奈隆&大阪フィルの
ベートーヴェンに合わせて、

チェコのモラヴィア生まれの指揮者
フランツ・コンヴィチュニー
(Franz Konwitschny,1901年8月14日-62年7月28日)が、
59・60歳の時(1959年6月~61年8月)に

ドイツのオーケストラ
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
(Gewandhausorchester Leipzig)と録音した

ドイツの作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(Ludwig van Beethoven, 1770年12月-1827年3月)
交響曲全集を聴いていきます。

まずは第1・2番を収めた1枚です。


ベートーヴェン:交響曲全集~
Disc1
① 交響曲第1番ハ長調 Op.21
② 交響曲第2番ニ長調 Op.36
③《プロメテウスの創造物》序曲 Op.43

フランツ・コンヴィチュニー(指揮)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

録音:1959年6月11-16日(①②③)
【Berlin Classics 0300926BC】2017年5月発売
 ※録音月日の情報は、CD付属の解説文を参照しました。
  交響曲については全9曲明記されていますが、
  序曲は一部をのぞいて月日の情報は明らかにされていません。


交響曲第1番は、
ベートーヴェン29歳の時(1800年4月)に
第2番は32歳の時(1803年4月)に初演されました。


その風貌から何となく
芸風が似ているイメージがあったので、
朝比奈のベートーヴェンに合わせて、
コンヴィチュニーの録音も聴いていくことにしました。

重々しくどっしりした
巨匠風の演奏を想定していたのですが、

聴き慣れた朝比奈氏の演奏と比べると、
はるかに洗練された軽めの爽やかな印象で、
すんなりと耳に入ってくる
わかりやすい演奏が繰り広げられていました。

マズアで聴き慣れた
ゲヴァントハウスの清新な響きが、
ここですでに聴かれることに嬉しい驚きがありました。

どちらが良いとは一概にいえませんが、
初めて聴いて、曲の美しさに率直に惹き込まれるのは、
コンヴィチュニーのほうだと思いました。

それほど重々しく聴こえないので、
その点聴き込むと物足りなくなってくるかもしれませんが、

時々聴いて、
その美しさにうっとりする分には、
申し分のない録音といえるでしょう。